FC2ブログ

職業と何々

様々な出来事と職業を絡めながら様々な意見を発信します


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職業と「弱者と言わない弱者と言われない弱者」 雇用太郎

 アメリカの大統領予備選挙ではトランプ、サンダース旋風が吹きまくった。泡沫候補と言われた彼らがなぜこれだけの票を集めているのだろうか。

 どうもこれは 「自分のことを弱者と言わない、人からも弱者と言われない弱者」 の存在が非常に大きいように思える。彼らは。常に不安を抱え、不公正や不公平に不満を抱き、でも我慢をしてきた弱者である。そして、そういう状況にもかかわらず、政策的にはあたかも強者のごとく扱われたきた彼ら。その不満がトランプやサンダースに希望を見い出し、熱烈に応援している。今アメリカで大きな変革が起きていることは間違いない。

 日本でも 「弱者と言わない弱者と言われない弱者」 は大勢いる。日本の場合、それらは主として無党派層の中にいる。しかし、自民党から共産党まで、経団連から労働組合まで、政治家からジャーナリストまで、現在ある日本の権力が 「弱者と言わない弱者と言われない弱者」 の味方をすることはない。誰一人としていないし、心をもちろん捉えてもいない。

 参議院議員選挙が近いが、こうした層の心に響く訴えをする候補者は皆無だろう。もしかして本記事を見て言う人いるかもしれないが、言ったとしてもそれが本心かどうかは非常に疑わしい(笑)。

 私は以前「教師の亡霊」という本を書いたことがある。その中で権力者は 「まったく組織もないくせに」 とぞっとするような笑い方をし、「組織を使える親がいる人が有利なのはしょうがないこと。文部省、教育委員会、校長会、労働組合、政党、宗教団体、そういう意味ではみんなぐる」 と言い放つ。

 本の紹介文の中では

 今、入試や採用試験がさらに「面接重視」へと舵が切られようとしています。しかし、わずかな時間の面接で「人物」がわかるはずはありません。インチキな競争で上に立ったものによる「組織が第一」というある種の全体主義が、社会全体でますます加速していくことでしょう。そして、そのとばっちりを受けるのは、無党派層であり、無宗教層の個人です。

 と書いた。

 さて、アメリカの流れが遅れて日本に波及することはしばしばある。このような日本でも変革は起きるだろうか。折しも新潮45の6月号の「亡国の教育改革」特集に 芦田宏直氏 「人物重視は社会階層を固定化させる」 という記事が掲載された(もっとも芦田氏や新潮45編集長と私では 「利益を受ける層と、とばっちりを受ける層」 の考えに違いはあるようだが)。

 もし変革が起きれば、人々の職業はどのように変わっていくのだろうか。希望はある。





職業と売れなくなってきたユニクロ 雇用太郎

 企業シリーズにするつもりは全くないのですが、前回のUNEXTに続いて今回はユニクロについて書いてみたいと思います。UNEXTの時は予定していなかった4000円を支払うはめになったので、多少恨み節も入っていましたが(笑)、今回は入っていないと思います(笑)。

 ゴールデンウィークに久しぶりに 渋谷のユニクロ に行ってきました。1990年台はじめくらいまではほとんどの人が名前を知らなかったユニクロ。しかしあっという間に急成長して、2000年には誰もが知るブランドとなりました。しかし、その ユニクロが最近落ち目になってきた と言われています。業績からそう言われるのですが、なぜそうなったのでしょうか、私なりに考えました。

 ユニクロは、安くて品質がとてもよかったので、よく買い物に行き私も愛用してきました。しかししだいに 「使ってみてとてもいい」と思ったものを翌年また買いに行くともうない 、ということがしばしば発生するようになったのです。ジャージ、Tシャツ、短パン、インナーなどなど。そして、それらは「え、それはちょっと・・・」というものに変わってしまいました。ハンカチに至ってはもう販売されていないようです。

 ユニクロの業績の低迷は、 リピート客がだんだん離れていっている ことが影響しているのではないでしょうか。私もユニクロに行っても何も買わないで出てくるのが、ここのところはほとんどです。使ってみていいと思ったものをまた買い行ってもないので、やむを得ず代わりに似たような商品を買ってみたものの「痛い目にあった」ということが続いてきたからです。

 ユニクロはフランフランではありません(笑)。 おしゃれとか流行とかより、より実用的な心地よさを重んじる層 がメインの客層であったはずなのに、そこがだんだんと忘れ去られてきているように思います。

 ユニクロには、そういうことを言う人はいないのでしょうか。題名が「職業と・・・」ということですので、 「5年~10年使っているユニクロ商品をたくさん保有している」 かつ 「ここ数年、買ってはみたものの使わなかった商品をたくさん保有している」 人のコンサルティングが必要ということを提案したいですね。何なら私でもいいです、月5万円でいいです(笑)。

 さて、今回はユニクロにカーディガンを買いに行ったのですが、ありませんでした。時期が悪かったのかもしれませんね。ジャケットはよさそうでしたが、5000円ほどで躊躇してしまって帰ってきてしまいました(笑)。でもまだ迷っています(笑)。





職業と「UNEXT無料体験」でしくじったこと 雇用太郎

 スマートフォンなどでネットサーフィンをしていると、 「ネットで無料体験」の広告 をしばしば目にする。しかし、無料体験としていてはいるが、期間が過ぎれば自動的に本人の意思とは無関係に課金されてしまうことが非常に多い。ちなみに「本人の意思とは無関係に」と書いたが、「無料体験の時に了承している」と判断されている。

 しかし、スーパーで 「試食しませんか?」 と言われ、試食しようとしたら細かい文字の紙を渡され、クレジットカード番号を聞かれ、試食した後無言のままにこやかに立ち去ったら、翌月から自動的に商品が送られてきてカードから引き落とされたとしたらどうだろうか(笑)。そんなことがネットでは普通に起こっている。

 今回こういうことを書こうと思ったのは、私が UNEXT無料体験でしくじった からである。今年に入って私は広告から映画等見放題放題体験である「UNEXT31日間無料体験」と「Amazon30日間無料体験」を申し込んだ。「なんだ、あくまで見放題コンテンツに分類されているものだけ見放題か」というのは多少あったものの、いくつかの映画・ドラマを楽しみ、解約方法に多少迷ったものの、何とか無料期間内にうまく解約した。「自動引き落とし」にはならず、満足度は十分だった。

 しかしである。その後3月11日に「もう一度UNEXT31日間無料見放題体験」メールが来て、再度申し込んだのである。そして今度はその解約をしくじり、あわてふためいたために、 何と2カ月分約4000円を支払うことになってしまった のである。

 どんなふうにしくじったかというと、下記のとおりである。

1.3月11日にメールが来てすぐに申し込んだ「31日間無料体験」の終了は4月10日までだったが、4月11日までと勘違いをして11日に解約、そのため4月分のビデオ見放題サービス料金1990円(税抜き)が自動的に発生してしまった。

2.「1」に気がついた私がたった1日でしかも視聴しないままで1990円とられるのは馬鹿らしいと思い、4月末まで見ようと考えて「再度ビデオ見放題サービス」を申し込んだ。しかし、その申し込みについては入会当月無料で5月分から課金されるサービスの申し込みであり、たとえ4月に再度解約したとしても5月分の料金1990円が発生してしまっていた。

3.「1」と「2」により、4月末に解約しても、5月末に解約しても、ビデオ見放題サービス料金1990円×2カ月分(4月分と5月分)=3980円(税抜き)が発生してしまっていた。

 無料で終わらせるはずだったが、何と4000円を支払うはめになったしまったわけである。

 無料体験に限らず、 携帯購入の時などの「割引」でしくじる方も多い 。分割で購入する本体価格を割り引くので、有料コンテンツ5つ入ってください、来月解約すれば結果的に結構お得ですから、といったようなたぐいである。しかし、解約方法は簡単にはわからないようになっており、結果延々と毎月300円×5=1500円を払い続ける、といったような例もよくあるようだ。

 私はNPOとして昨年自治体に「高齢者に対するインターネットサポート事業」を提案した。スマートフォンが爆発的に普及したが、様々な仕組みに対する認識は極めて不十分である。相談する相手が近くにいないために毎月損をしていたり、あるいは大きなストレスを抱えたりすることが多く、その相談事業を提案したのである。

 予算がつけば、それによって新たな職業が創造される。しかし、結果は「もう少しやってます、間にあってます」ということだった(笑)。もっとも、提案した私が今回ひっかかってしまったわけだから、資格に問題があったかもしれない(笑)。

 いずれにしろ、先にスーパーの例を書いたように、顔を合わせての取引ではあり得ないようなことが「ネットであれば当然」 になってしまっている風潮はやはり問題だろうと考えている。「個人個人のネット社会に対する守り」は重要なのだが、国や自治体はおろそかにしてしまっている。それを改善するために予算がついて、職業が創造されればよいのだが。

 さて、今回UNEXTを例として問題にしたが、UNEXTは、株式会社USENの事業とひとつして開始されたサービスであり、運営会社は今や株式会社U-NEXTとして一部上場企業だ。USENについては、私はまだ「株式会社有線ブロードネットワークス」という名前の時に溜池山王のおしゃれなオフィスに何度かおじゃまして、アライアンスも組ませていただいたことがある。

 非常に感じのいい美男美女が生き生きと活動していて、どうやったらこのような方々を集めることができるんだろう、なんて思いながら商談を進めた(笑)。アライアンスも比較的簡単に決まって、ひとりひとりの裁量の大きさにも感心したものだ。

 まあだから書くのはどうしようかともちょっと思ったりもしたのだが、UNEXTの今回の問題はまさにネット社会における改善すべき問題の「氷山の一角」であると思い、書くことにした。

 私は ネット社会のビジネスの問題点について、目をつぶりすぎ ではないだろうか、と考えている。


職業とシャラポワおよびショーンKの応援と世界ナゼそこに?日本人 雇用太郎

 日本は今、私が若い時よりさらに「親の権力と組織」が極めて大きな比重を占めるようになっていると常々感じている。組織の背後関係がない人々が「まったく組織もないくせに・・・」と笑われているような世の中になってきていると感じてならない。

 そういう世の中だからこそ、私はシャラポワとショーンKとテレビ番組「世界ナゼそこに?日本人」に出てきたコンゴ在住の方を応援したい。

 私は30年以上前、ある県で小学校の教員となった。同じ市で同期の採用は2人のみで、片方は両親ともに校長である。

 私は赴任した4月1日にいきなり校長から
「お前は来年は特殊学級だからな、特殊学級だからな」
と何度も恫喝される。

 その後も校長から散々な態度を取られる一方、両親ともに校長の方へは研修で一緒になるとどこにいっても上が挨拶に来て、まあ何と言うか「身分の違い」を感じたものだ。

 それでも1年目は小学校4年生の担任として、寝る間も惜しんでがんばった。楽しく充実しており、最高の1年を過ごすことができた。

 しかし、翌年特殊学級を受け持ってからは地獄が待っていた。教師たちから徹底的に見下され、潰されたのである。

 「教員の世界」に疎く、特殊学級も普通学級も一緒くらいに考えていた私。しかし、特殊学級の担任へ「潰すために送り込む」ということはよくあることで、教員の世界では常識だったのだ。そんなことを知る由もない私は、なすすべもなく潰されたのである。

 そのことを踏まえて、シャラポワとショーンKとテレビ番組「世界ナゼそこに?日本人」に出てきたコンゴ在住の方を応援である。

 シャラポワは、ドーピング検査で今年1月から禁止薬物に指定されたメドニウムという薬の陽性反応が出て、記者会見を行い謝罪した。当分しばらくの間彼女のプレーを見ることはできないだろう。

 ロシアでは日常的にビタミン剤のように飲まれているとさえ言われる心臓を保護する効果のあるメドニウムという薬だが、禁止薬物に指定され、それに気がつかず医師から処方されてたまに服用していたシャラポワが、全豪オープンの検査で陽性反応が出てしまったのである。

 シャラポワの両親はチェルノブイリ原発事故の極めて線量の高い地域に住んでいたが、事故後妊娠が分かった。お腹の中にいたのが、シャラポワである。その後両親はシベリアに移住、シャラポワはそこで生まれ、テニスと出会った。

 6歳の時、モスクワのエキジビションの試合に出場して、ナブラチロバからアメリカに来てはと言われはしたが、おそらくそれは社交辞令に過ぎなかっただろう。

 しかし、父親とシャラポワは、1000ドルも持たず米国に渡り、極貧生活の中テニスを続け、ナブラチロワも才能溢れる彼女を本格的に指導、9歳で著名なテニスアカデミーに入って 100万ドル の契約を結び、17歳でテニスの最高峰であるウィンブルドン選手権で優勝した。

 押しも押されぬスターとなり、すべてのグランドスラムで優勝した。そういうシャラポワだが、原発事故の時は福島の子どもたちを真っ先に懸命に励ました。
「私はこんなに元気よ」
福島の子どもたちの不安、落ち込みの解消に彼女の発信が果たした役割は決して小さくなかっただろう。

 次に人気のコメンテーターでコンサルタントのショーンKである。「俺は偉いんだ」的なにおいが全くない人で好感ももつ人が多かったと思う。しかし経歴詐称ですべての番組を降板し、失意のうちにある。

 もちろん経歴を偽るのはよくない行為ではあるが、ショーンKが大好きな周りの人がやったことで、本人が率先してやったわけではないだろうというのは、容易に想像がつく。

 シャラポワに比べ、ショーンKの今までの成功物語は知られていない。ぜひ雑誌などで経歴詐称の言い訳ではなく、成功への苦労話を語ってほしい。それはおそらく決して恥じるものではない。

 「親の権力」と無縁の中、懸命に頑張り成功した2人。私は全力で応援したい気持ちである。

 また、こないだテレビを見ていたら「世界ナゼそこに?日本人」という番組をやっていた。55歳から6年間毎日のようにハローワークに通ったが職に就けず、たまたまコンゴで日本企業が募集していた求人に応募して採用されたものの、すぐに倒産。しかしその後自分で職の道を切り開き、その仕事で現地の若者も育てている人の物語である。

 彼の親は大学教授だったそうだ。親の権力を頼らず生きてきた人の心意気はどこか違うと感じている。

 NPO法人職業創造センターは今年から世界教室を開催する。第1回は2016年7月のスペイン教室である(下記URL参照)。
http://syokusouzou.org/blog-entry-13.html

 世界教室にとって、見習うべき事例だと思っている。

 なお、親の権力と関係がなく階段を上ったからといって、ドナルド・トランプは決して応援しません(笑)。






09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

jobnews

Author:jobnews
2015年3月に設立されたNPO法人職業創造センター(http://syokusouzou.org/)です。連絡先は syokusouzou@gmail.com です。

最新コメント
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。